子どもの行動に悩むお母さんへ

宿題をすぐにしない
自分ですると言ったことを守らない
何事にも意欲がない



はじめまして、茨木市や箕面市を中心にお母さんのサポートを行っている"子素立て(こそだて)トレーナー"の佐々木志保と申します。


普段お子さまと接していて、「なんでなんやろ・・・」とイライラしたり、不安に思うことはありませんか?


お母さんの思いとは違う行動や考え方を子どもはすることがよくありますね。

勉強のことや学校や習い事でのお友だちとの関わり方。物事に対する姿勢など、子どもの行動を不安に思うことは日常で多くあります。


何度も言って聞かせようとしても、同じことを繰り返し。
同じことで叱るのも、だんだんと疲れてしまいます。


ガミガミ言っても聞かないし、自分もイライラするだけだから言わないほうがいいのかな・・・
でも放っておくともっとひどいことになりそうで、ほっておくわけにもいかない・・・


もし、こういったことを感じているなら、毎月大阪府の箕面市で行われている『子育て座談会』へぜひいらしてください。


今までになかった発見があるはずですよ。


お問い合わせ お問い合わせ


参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声

参加者の声 参加者の声


「正解」にとらわれていませんか?

イライラしたり、不安に思ったりするのはもしかしたら、


『こうであるべきだ』


とお母さん自身の"正しさ"が強いことが原因かもしれません。

たとえば、「人の頼みごとは聞いてあげなさい」や「自分のことは自分で決めなさい」「夢や目標は大きくもちなさい」など。


でもお子さまの価値観や大事にしていることはそれとは違うかもしれません。

この世の中に考え方も文化も肌の色も違う人がいて、どの人が正しいとはいえないように、 お子さまの考え方や行動が"間違っている"とはいえません。



まずは、私たち大人側にある『こうであるべきだ』を手放してみましょう。


理屈で理解するのではなく、自然にできるようになることが第一歩です。



一緒に考えましょう

子育て座談会の目的は、


【一緒になって考える】ことと、

【違う価値観を肯定する】ことです。


たとえば「自分から勉強しようとしない」といった問題に対して、いきなりこうしましょうと結論づけるのではなく、 お母さん同士で一緒になって考えます。

座談会の様子 座談会の様子


誰かが正しいわけでも、私たち教育アドバイザーが正しいわけでもありません。

正解がないということは、誰の考え方も否定できません。


ただ、自分とは考え方が違う、というだけなのです。


そして、一緒になって考える人の中には、もしかしたらあなたのお子さまと同じような価値観を 持っている人がいるかもしれません。

そういった人の考え方、意見を肯定的に聞くことで、「そうか、だからうちの子そういうことするんや・・・」と 発見し、納得ができます。



この『そうなんや!』という目からウロコが、お子さまへの接し方が変わる大切なポイントなのです。



「ダメ」はありません

・つい口出ししてしまうからダメだ
・自分だけできていなかったらどうしよう
・他のお母さんはどうなんだろう
・うまく話せなかったらどうしよう


のようなご心配は一切いりません。子育て座談会では、「ダメなこと」は一切ありません。うまく話せなくても、 いまお子さまとギクシャクしていても円満でもなんでもいいのです。


お子さまに対してできるようになる前に、まずは自分自身に、そして目の前の人にも「ダメ」をなくすことが大切だからです。


否定のない空間で、一緒になって考える。コタエを与えられる本やセミナーではできない、子育て座談会だけの時間なのです。

どうぞ安心してご参加くださいね。




ただのおしゃべり会ではありません

子育て座談会にはちょっとしたカラクリがあります。

ただ集まって言いたいことを言ってスッキリする場ではありません。うんうんとなんでもうなずいて人の話を聞く場でもありません。

考え方も価値観も違うお母さんたちが一緒になってコタエを出せるように、いくつかの大切な要素を散りばめてあります。

座談会の様子 座談会の様子


緊張やドキドキではなく、ワクワクしてお越しいただきたいと思っています。

次も来たいな、楽しみだなと思っていただけるような2時間にしようと私たちもいつも思っています。


お会いできることをとても楽しみにしています!



◆◆講師紹介◆◆ スタッフ 次世代教育道場R-dim 代表
大島 統(おおしま おさむ)


"フツーじゃない塾のフツーじゃない塾長"

箕面市出身、箕面3中⇒関西大倉高⇒同志社大卒


大手の個別指導塾で講師を3年、教室責任者として約8年間勤めたのち、既存の"教える"学習塾に限界を感じ独立。

2015年に箕面市に『次世代教育道場R-dim(アールディム)』を開校。

500人以上の指導経験から「教えるのではなく考え抜かせる」ことがもっとも伸びると確信し、考え方が変わることによって行動が変わり、 成績や合格といった結果につながる指導を続けている。


大好きな言葉は『できるかできないかじゃなく、やるかやらないか』


~メッセージ~

はじめまして、アールディム代表の大島です!
人工知能をはじめ、テクノロジーがどんどん進化していくこれからの時代において、「教えてそのとおりさせる」ということはロボットに どんどん取って代わられると思っています。

だからこそ考えて自分から動く、考えてコタエを出していく、一緒に力を合わせて問題を解決するという力がますます重要だと思っています。

単に勉強を教えて成績を上げたり合格させたりという塾ではなく、若い10代のうちから目いっぱい【考える】ことができるようになってほしいと 願ってこの道場をつくりました。

お母さんにも【考える】ことの楽しさをこの子育て座談会で感じていただければ嬉しいです!


スタッフ Cara 代表
佐々木 志保(ささき しほ)


"日本個性學研究所認定インストラクター"
"個性學エヴァンジェリスト"

石川県出身、大阪府茨木市在住
高校2年生と中学2年生の2児の母。


大学卒業後、コンピューターショールームのインストラクタ-として就職。
その後、新入社員研修や教育担当を経て個性學と出会う。

自身の子育て経験から個性學は子育てに大いに活用できることを実感。
子どもが自分らしく自信を持って立って歩けるようにするためのサポートである 「子素立て」をテーマに学校、幼稚園、子育て支援団体等で子育てセミナーを行っている。


目からウロコの気づきがあった!子育てが10倍楽しくなった!自分に自信が持てた! などの反響多数。

また、お母さん自身がイキイキと自分らしく輝いて人生を楽しんでいることが子育ての成功への一番の秘訣と悟り、 お母さんが自分らしく生きることのサポートとして個人セッションにも力を注いでいる。


お母さんがいつも「ごきげんさん」でいることが家族のしあわせ。世の中のしあわせ。

笑いと癒しと個性學を武器に独自の【ごきげんさんメソッド】の展開をライフワークとしている。


~目からウロコの子育て座談会~

●日時:
1/31(月) 10:30~13:00
2/22(金) 10:30~13:00
    

●場所:次世代教育道場R-dim
箕面市西小路2-7-21 ジャンティ箕面202
アクセスはこちら
※駐車場は併設しておりません。お車でお越しの場合は、お近くのコインパーキングのご利用をお願い致します。


●費用:R-dim生保護者⇒1,000円、一般⇒3,000円
※当日に現金でご持参ください

●定員:8名

●申込締切:開催日の前日までに申し込みフォームよりお申込みください。


お問い合わせ お問い合わせ