中学生・高校生の方へ

高校生


~意欲~

勉強を「やらされるもの」「仕方なくするもの」と思ったままでは高い成果は出せません。
どうして勉強を頑張りたいのか。
なぜ、その高校や大学に行きたいのか。
部活などの「時間がない」を言い訳にせず努力できるか。
などを自分で真剣に考え、『それでも努力する』となってはじめて【意欲】と呼びます。

受験合格などの成果には、この【意欲】は絶対条件です。


R-dimでは、この意欲をどうやって自分でつくっていくのかを教えると同時に、R-dimが"意欲の出る場所"であることを心掛けています。
家でだと気持ちが入らない、という人でもここに来れば頑張れる。
集中して勉強できる環境と、自分と同じように目標に向かって取り組んでいる意欲の高い仲間。

やろうと思うけど・・・やらないと・・・で一人で無理やり頑張るよりも、意欲を出す方法と環境を揃えることが成果への近道です。

意欲



~自学の質~

学力向上の秘訣の2つ目は【自学の質】です。
いくらいい授業を受けても、学んだことを自分の力にできなければ学力は上がりません。
質をつくるのは、「正しく道具(教材)を選ぶ」「道具を正しく使う」ことの2つです。

筋力トレーニングと同じで、ただ重たいものを持ってやれば力がつくわけではありません。
自分に合った重さからスタートする。売れている参考書をやたら使えばいいのではなく、力が弱いならもっと前のレベルからスタートすることが近道です。
筋トレをイメージすれば、「全員が同じ重さ(教材)」で鍛えてもダメなことがわかりやすいはずです


また、道具が正しくても間違った方法でトレーニングをしては、力がつかず痛めるだけになります。
学力向上も同じです。『道具』と『やり方』の両方が揃って効果が出ます。
R-dimは、自学の質を向上させるためにこの2つをどこよりもきちんと教えます。

自学の質



~自学の量~

学力向上の秘訣の最後は【自学の量】です。
量をつくるのは、まずは「学習習慣」。
テスト前だけ勉強したり、提出物はギリギリにとりあえず出す、といった習慣になっていませんか?
迫ってきたらする、というスタイルでは目の前の定期テストはなんとかできても、受験にはまず通用しません。

とにもかくにも習慣づくりがまず最初の1歩です。
特に高1生は、高校受験が終わって勉強する目的を見失いやすいので、どれだけ早く習慣をつけられるかは受験の成功率に大きく影響します。

また、脳に定着させるには「反復」を適切に行わないとせっかくの学習が水の泡になります。
いつ、どのタイミングで何を何回反復するのか。これもきちんとした方法がそれぞれあります。

できるようになるための量、忘れてしまわず定着させるための量。どちらも知って学習することが学力向上のカギです。

自学の量




意欲・質・量をどうやって向上させていくかは当道場の資料に詳しく掲載されています。
ご興味のある方は、お問い合わせフォームより資料をご請求ください。




    <よく見られている記事>
自習室はこう選ぼう!環境=学習効果、軽視することなかれ! 受験の高3生・浪人生のキミ必見!大学受験の差がつくポイント 近畿大学の評判は?受けたい人はチェック! 「なんのために勉強するのか?」中高生が熱く議論してみた! 高校生が大学選びをする前に読む記事 箕面の予備校・塾の評判はどうなってる?箕面の予備校・塾の評判を見てみよう! 箕面で予備校・塾をお探しの方必見!箕面の予備校・塾の費用は? まだ志望校がはっきりしていない高校生へオープンキャンパスのポイント 2018年入学の高校1年生と保護者の方必見!大学入試はどう変わる? 箕面の予備校R-dimが診断!自分はどの塾・予備校が合う? 知らずに間違った勉強法でしてるかも?ここで差がつくかもしれない小さなコツ 箕面市で個別指導塾を探している方へ 個別指導塾の選び方 高1生必見!文理選択はどうすればいいの?方 授業と学力アップは関係ない?成績が伸びないのはこれが理由だ!



お問い合わせ お問い合わせ