授業と学力アップは関係ない?成績が伸びないのはこれが理由だ!

ブログ

◆勉強=授業は一番ダメ

勉強というと、授業を聞いて黒板に書かれたことをノートやプリントに書いて・・・と思っている人が大半ですが、残念なことにそれをしているだけでは大学受験合格はまずできません。

授業を受けているのは高校生がみなそうです。でも、それだけで合格できるのなら、塾や予備校などは必要ありません。

ほとんどの人がなんらかの別の手助けを必要としているからこそ、勉強=授業=合格できる、は全く成り立たないのです。

 

[なぜ授業だけで伸びないのか①]
理由の1つ目は、一言で言ってしまえば、「あなたを合格させるために考えられた授業ではない」からです。

指定されていることを高等学校としてやりなさいよ、となっていることを授業でしているだけで、”あなた自身を”レベルアップさせるために授業がされているわけではありません。

もちろん授業方針などは、年度前に教員たちの会議などで話し合われます。今年度はどんな教材で、とかどのように授業をしましょう、など先生も一生懸命考えています。

しかし、どうしても学年全体をイメージして作りますから、

【あなたに最適な教材か・あなたに最適な内容か・あなたに最適なやり方か】

はまた別なのです。

学力も違う・得意苦手も違う・どこまで高めればいいのかの目標も違うのに、やっていることは同じ、ということです。

筋トレで言えば、各自のパワーも鍛えるべき筋肉も、強くしたい部位も違うのにダンベルの重さはみな同じで、トレーニング内容もみな同じ、です。

合う人には良いですが、そうでない人には成果は出ません。

しかもそれが1つの科目ではなく全科目ともです。

すべての科目とも、授業を考えた人の想定とピッタリ合う人なんてレアケースです。

[なぜ授業だけで伸びないのか②]
じゃあ授業を自分用に調整してくれる個別授業なら良いのか?というとそうでもありません。

要因の2つ目は自分の「勉強習慣」です。

授業を受けっぱなし、小テストやテスト前だけする、宿題や提出物などの課題があったときだけする、といったように「何かないとしない」という習慣では伸びません。

【授業を受けるだけで勝手に伸びる】ということはありません。食べるだけでムキムキになる食事がないのと同じです。

勉強も筋力も、”トレーニング”してこそです。

勉強習慣がなければ、勉強の質も量も絶対的に足りていません。
普段練習しない人が試合の前だけ練習しても、全然結果が出ないのと同じですね。

さらに中学の頃と比べて科目数も範囲も多いですから、【部活のなくなる一週間前から】といった勉強習慣ではほとんど勉強できないままテストを迎える科目が必ず出てしまいます。

[なぜ授業だけで伸びないのか③]
理由の3つ目は勉強の仕方や勉強法です。

高校の授業は、指導しなければいけない単元に対して日数が足りていないことが多く、どうしても「サッとだけ扱ってあと自分で復習しとけ」というスタイルになります。

理系科目などでも基本の例題だけサッと解説し、サクシードや4STEP、リードαなどの問題集は基本自分で解けるようにしていかなければいけません。

文系科目も、プリントのレジュメを頑張って埋めることが授業での勉強になり、その知識を自分のものに整理していくようなことは自分でする必要があります。

つまり、【習ったことを自分の力にする】勉強の仕方や勉強法が身についていないと、いくら授業を受けてもできるようにならないのです。

[なぜ授業だけで伸びないのか④]
4つ目は意欲です。自分が何のために頑張るのかの目的が明確にないと、目の前の楽しいことや行事に流されて行動できません。

部活や友達との交友関係など高校は楽しいことがいっぱいですから、より自分をしっかりコントロールして努力できるかどうかが重要になります。

なぜ頑張るのかという強い動機をもたないと、

「テストだし欠点とったらヤバイので勉強する」という受け身な姿勢となり、余計に成果を出せなくなります。

行きたい大学がはっきりとある、といったような強い動機を作ることが勉強習慣などの成功の要素につながっていきますので、意欲が低いままただ授業を受けていても伸びないのです。

 

◆伸びるための正しいトレーニングを知って勉強しましょう

いかがでしたか?ここで言いたいのは、授業がムダだ!ということではありません。

授業を受けているだけで学力が上がる人は、すでに勉強習慣や高い意欲と勉強法がそろっているほんの一握りの人だけです、ということなのです。

大学合格をしようとするなら、ほとんどの人は意欲づくり、勉強習慣づくり、勉強法習得の3つをする必要がありますので、流れに身を任せず自分から行動していきましょう!

もし、自分ひとりじゃどうにもできない!と思ったら、こっそりTwitterから
@rdimofficial1までDMをください!

タイトルとURLをコピーしました