大阪工業大学の評判は?受けたい高校生はチェック!

ブログ

◆大阪工業大学って?

大阪工業大学は大宮キャンパス・梅田キャンパス・枚方キャンパスの3つのキャンパスからなる工科系の総合大学で理系の学生にとても人気です。

学部は4つからなり、

工学部・ロボティクス&デザイン工学部・情報科学部・知的財産学部
があります。

また、就職にも強く実就職率全国第3位を誇ります。(大学通信調べ)

 

◆大阪工業大学の偏差値はどれぐらい?

パスナビによると、大阪工業大学のそれぞれの学部の偏差値は、次のようになっています。

工学部・・・42.5〜52.5

ロボティクス&デザイン工学部・・・45.0〜50.0

情報科学部・・・42.5〜47.5

知的財産学部・・・45.0〜50.0

 

大阪工業大学の良いところは?

大阪工業大学の特徴としてよく挙げられるのが

『就職率の高さ』

です。総合大学とは違い、専門性の高い学びを提供されることもあり、関西を中心として就職に強いというのは定説になってきています。

 

他にも大阪工業大学の良いところを口コミサイトなどからご紹介します。

 

大阪工業大学の口コミ1

総合評価
必修単位が多いため予習復習をちゃんとしないと授業についていくのが大変になる。先生方がとても優しく、授業以外の時でも優しく教えてくれます。

講義・授業
試験前に、どこの範囲を勉強してくるのか教えてくれます。 黒板とモニターを使い映像や画像など分かりやすい授業内容です。

研究室・ゼミ
設備等が充実しており、先輩方が優しく教えてくれます。 わからないところがあれば積極的に聞きに行きましょう。

就職・進学
就職の幅は大きいので男性だけでなく女性の方でも入学して大丈夫だと思います。大学院に行く人も多いです。

アクセス・立地
大阪駅からバスで20分くらいのところにあり、バスも2分に一本くらいで出ますが、満員なので通学が大変です。

施設・設備
学科の建物は一番新しく、実験室の設備や授業教室の広さなのでとても優れていると思います。

友人・恋愛
サークルや部活動に入るとかで、他の学科の人と交流することができます。

学生生活
たくさんの部活やサークルがあり、春に新入生歓迎パーティーが開かれるので積極的に参加してどこに入るか考えてみてはどうでしょうか

(工学部 応用化学科 /在校生 / 2017年入学)

 

大阪工業大学の口コミ2

総合評価
建築を本気で学びたい人にはとてもいいところだと思います。ただ課題がとても多いので、計画的にやらないといけないですし、生半可な気持ちで入った人はとても苦痛だと思います。

講義・授業
専門科目は実力のある教員が多くて社会に出た時にとても為になることを話してくれたりします。ただ生徒数が多いので気軽に教員に質問などはしにくいです。

アクセス・立地
建築学科は大宮キャンパスなので梅田からバスで25分、地下鉄も同じくらいかかります。地下鉄だと谷町線の千林大宮から約10分歩かないといけません。

施設・設備
キャンパス全体的にこじんまりとしていて移動はとてもしやすいです。今年から建築学科、都市デザイン学科の建物である4号館が建て替え工事になり2号館に移ります。エレベータが無くて不便だったのが解消されそうです。

友人・恋愛
工業大学なので男子の比率がとても高いです。なので男友達は比較的作りやすいと思います。建築学科は女子がほかの学科に比べて多い(23割くらい)なので恋愛に発展する可能性はあると思います。

学生生活
学祭は楽しめなかった。サークルもどこで活動してるかわからなく自分で探さないといけないです。部活は勧誘しているので気になったら行ってみたらいいと思います。

(工学部 建築学科 /在校生 / 2017年入学)

 

大阪工業大学の口コミ3

総合評価
とにかく就職を意識している学生にはとてもいい大学です。グループワークや実際の職場を模した実習が多く、就職にはうってつけです。しかし、授業に関しては人数も多く、しっかり学びたい、という学生には合わないかもしれません。

講義・授業
グループワークや機械を使った実習が多く、就職前のうってつけの練習になります。しかし、授業に関しては、同時に100~200人程で受けることも多く、しっかり学べるという感覚は感じられません。

研究室・ゼミ
工学関連の研究に関しては、かなり多くの種類があります。音響学などマイナーな部分も充実しているので、一度自分の興味のある分野があるか、調べてみてはいかがでしょうか。

就職・進学
全国で見ても、かなりトップクラスの就職率を誇ります。下手に地方国公立に行くよりも就職率は高いです。職種に強いこだわりさえなければ就職には困りません。

アクセス・立地
梅田キャンパスは、各線大阪・梅田駅から、歩いて5分の場所にあります。交通はかなり便利ですし、空きコマに梅田に買い物にいったり、帰りにUSJも可能です。

施設・設備
キャンパスは違いますが、大宮キャンパスに工学に関する機械はかなり多く設置されており、大阪工業大学の生徒は個人の目的で使用することができます。

友人・恋愛
梅田キャンパスにはサークルがほとんどなく、人脈を広げるのは少し難しいです。男女比は9:1と、ほぼ男子のみです。

学生生活
キャンパス内にサークルがほとんどありません。サークルに入ろうと思えば、キャンパスを移動することになります。バスで30分ほどかかるので、サークルに期待するのであれば厳しいです。

(ロボティクス&デザイン工学部 システムデザイン工学科 /在校生 / 2018年入学)

 

大阪工業大学の口コミ4

総合評価
1年次では学科によらず、まずコンピュータの基礎的な事から学びます。「コンピュータをやりたいけど、どれを専攻すればいいかわからない」という人でも大丈夫です。

講義・授業
コンピュータの基礎や扱い方がわからない人でも教授やSAと呼ばれる在学の先輩が一から教えてくださるので、授業で遅れるってことはなかなかありません。それはすべての学科で実施されてる制度なので、どこへ行っても大丈夫です。

研究室・ゼミ
研究室に入るのは3年次からです。
1年次ではコンピュータを扱えるようになり、2年次で自分のやりたいことを選び始めます。様々な研究室があるので、きっとやりたいことが見つかると思います。

アクセス・立地
通学路は主に2つあり、1つが京阪樟葉駅から京阪バスを使って登校する方法と、もう一つがJR長尾駅から京阪バスを使って登校する方法があります。

JR長尾駅からは大学への直通のバスがあります。京阪樟葉駅からは直通のバスはありませんが、2030分程度で大学に着きます。

また、大学付近には一人暮らしのできるアパートが沢山あるので一人暮らしを考えている人は一度調べてみてください。

施設・設備
このキャンパス内には自習室が沢山あり、そこにはコンピュータも使用可能です。授業で出た課題をするのにもここを利用します。

また、図書館はコンピュータやプログラミング、TOEIC対策の本などが沢山あり、無料で映画を鑑賞できるスペースもあります。やることがなくて空きコマの人はそこで映画を見て、暇つぶしをする人もよくいます。

友人・恋愛
情報科学部と聞いて「オタクがいっぱいいそう、そういう人たちと関わるのは苦手」って考える人は多いと思います。たしかに少し変わった人や自分の苦手とする人間はいると思います。しかし、このキャンパスにも普通の人や面白い人はちゃんといます!

それと男女比は9:1となかなか偏っていますが、それでも付き合ってる人たちは付き合ってますから正直自分の頑張り次第です。

学生生活
学内には沢山の部活があり、そこにはコンピュータ系やスポーツ、学祭実行委員、趣味などをする部活があります。

きっと自分に合う部活動がみつかると思います。

(情報科学部 情報ネットワーク学科 /在校生 / 2017年入学)

 

◆大阪工業大学は合格しやすい?

偏差値を見て「平均的だから入りやすそう」という印象を持った人もいるかも知れません。

しかし大阪工業大学は関西大学や近畿大学の工学系の学部の併願校になることが多いのです。

特に建築系の学部を志望する人は、受験校もほぼ同じになることが毎年多いです。

・(国公立なら)大阪市立大学工学部建築学科
・関西大学環境都市工学部建築学科
・近畿大学建築学部
・大阪工業大学工学部建築学科
・摂南大学理工学部建築学科
・大和大学理工学部建築学科

など、同じように併願し、同じように受ける人が多いのです。

 

ですから大阪工業大学を第一志望とする人は関関同立〜産近甲龍を第一志望にしている受験生と勝負することを意識しなければいけません。

 

◆とにもかくにも、「他の人より早く」行動を

合格する人とそうでない人の一番の差は「努力にあてた時間」です。

高3になったら、クラブを引退したら、夏休みになったら、という高校受験のような感覚で行動を開始する人が残念ながら時間を十分に取れず、「一応やるだけやった」という状態で受験に臨んでしまいます。

最初から志望校を見据えて早くから準備してきた人に、不十分な時間の努力で勝てることはまず確率的に低いです。
公募が近づいてきた夏休み明けに行動を開始して、「いまさら慌てて行動しても遅い」ということになってしまう人が毎年たくさんいます。

 

まだ高2だから・・クラブもあるし・・

という思いこみを捨てて、どれだけ早く開始できるかがカギです。
まだ高2だから、じゃなくて「もう高2」ですよ!

意欲はあるけどどうしたらいいの?という方はぜひ無料相談にお越しください!

 

無料学習相談のお申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました