新入試で知っておいてほしいこと①

ブログ

すでに多くの方がご存じのとおり、2021年から大学入試が変わりますね。

各大学でも新入試を取り入れる動きを見せていたり、高校でもその点を意識した取り組みが行われています。

センター試験から大学入学共通テストに名称が変わり、国語と数学と英語に記述式が採用される!?など受験生にとっては気になるネタですが、そもそもなぜ変わるのでしょうか?

 

◆結局センター試験ってどうなるの??

まずは一番気になるところでもある「結局センター試験ってどうなるの?」からお話します。

結論から言います。従来のセンター試験に戻ることはありません。

 

記述式が採用→見送りなど取り沙汰されセンター試験が復活か!?など憶測が飛び交っていましたが、もしそんなことをしてしまったらこれまで推し進めてきた教育改革そのものを否定することになるからです。

 

たとえ新入試がマーク式のままだったとしてもその問い方は必ず変わります。なぜなら求めるられる力を意識しているからです。

今年の2020年センター試験でも漢文や英語の第4問でマーク式ではあるもののその力が試されていました。

 

つまり、

記述式ではない=従来のまま

ではないのです。

 

◆高大接続って??

新入試についてお話するうえでまずは知っておいていただきたいことは高大接続です。

高大接続とは、社会で求められる力をつけるために、高校→大学での学びを一本化させよう!ということです。

つまりバラバラだった高校ー大学間の学びの軸を一本化しようとしているのが高大接続改革なのです。

近ごろ「アクティブラーニング」や「ICT教育」という言葉をよく耳にしますが、そのような部分だけを断片的に理解し取り入れるのは間違いです。

改革にはちゃんと理由があり、その理由を知ればすべきこともわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆高校までとは多くの点で違う

大学とは「研究」する場所です。

多くの人が授業を聞いてノートを取り、レポートを提出して…というイメージを持っていると思いますが大学は研究がメインの場所です。

 

自分から深く研究していき、自分なりの答えを出す。その過程で深い知識・価値観を身につけ、他者と交わりながら新しいものを創造していく場所。

研究テーマも自分で決め、それについて探究していきます。それも単独ではなくグループで。

 

では、何が求められるのでしょうか。それは以下の4つです。

①基礎学力

これが無ければ高度な研究はできません。

 

②問題発見能力

自分から課題は何か?を考え選ばなければ誰も与えてくれません。

 

③主体性

待っていても時間だけが過ぎて何も変わりません。自分から関わり、行動し、生み出すことの連続です。

 

④コミュニケーション力

相手の意見を尊重し、なおかつ自分の意見も発信することでグループの研究を促進します。

 

 

大学で求められること≠高校でやっていること

大学では前述の①〜④の力が求められるのに高校では何十年も

 

・先生が前で講義(解説)する

・黒板に書かれたことをノートに写す

・テストのために知識を詰め込む

・受験になったら受験勉強

 

というように、求められることが変わっても高校生の学びは変わっていないのです。

 

◆大学の向こう側、「社会」は何を求めている?

まず、こちらの経済産業省のHPを見てください。

「人生100年時代の社会人基礎力」 と「リカレント教育」について

大学入試を改革する1番の目的は「社会で活躍できる若者をつくること」です。

そのためには大学での学びを十分に活性化・機能させる必要があります。

 

「大学は人生の夏休み」とまで言われることもありますが、企業にとっては大学に進んだからには社会で活躍できる力をつけた学生を採用したいのは当然のことです。そうでないと雇った企業、そして社会が弱体化してしまいます。

少子高齢化が進んでいる現代だからこそ将来を担う若者たちは未来を背負って立つ力をつけなければなりません。

 

社会で活躍できる強い人材を輩出する。そのために大学は教育研究機関をしてもう一度襟を正そうとしているわけです。

ということは大学も大学で学べる力と意欲のある学生がほしいのです。

だから大学入試が変わるのです。

 

◆求められることが変われば鍛え方も変わる

従来の入試はマーク式で高得点が取れたら合格でした。しかしそれだけで求める人材かを測れるのでしょうか?

知識さえあればOKになっていて、大学でしっかり学べる力があるかを測る目的なのであればそれは不十分です。

そのような入試が「勉強さえできたらOK」という風土を築き、塾や予備校の多くは「1点でも高く点数を取って合格させること」に必死になる…

そのような部分にメスを入れるべくして始まったのがこの高大接続改革なのです。

 

新入試はどうしたらいい?の前になぜ入試が変わるのかを知っておくことは重要です。

大学に入るためだけの受験勉強ではもう通用しなくなりますよと国が言及しています。

先ほどの経済産業省のHPにもあるように学力の3つの視点として目的・統合・学びと定義されました。

これからの入試で問われることはこのような力に則したことです。

求められる力が変われば当然学び方を変える必要があります。

従来の「授業を聞いてノートをとって…」の勉強はどんどん通用しなくなります。

 

◆何から始めればよい??

やる気はすごく高いけど何からどうやって始めたらいいの??という人はぜひアールディムで爆伸びしましょう!

①②③すべてを高められるような学習方法で社会に出ても強い人になりませんか??

 

無料学習相談のお申し込みはこちら

 

インスタグラムからのDMでも相談を受け付けていますので、お気軽に
@rdimofficialまでDMをください!

 

タイトルとURLをコピーしました