コーチ紹介

コーチ紹介

 

〜メッセージ〜

(ただいま更新中です。もうしばらくお待ちください)

 

 

 

 

 

〜メッセージ〜

R-dimを開校する前は、塾講師を3年・教室運営の責任者を約8年勤めました。

皆さんにもっともお伝えしたいことは、

「単に成績・合格・学歴といったもののため”だけ”の勉強はもう意味をもたない」

ってことです。

 

どうして勉強を皆さんが頑張るのか、または保護者の方が勉強を頑張ってほしいかと願っているかと言えば、きっと人生をよりよくするするためだと思います。

そう考えるなら、大学合格はあくまで手段や過程であって最終目的ではないはずです。

それなのに、目の前の受験のためだけに、教えられまくって強制されまくって、指示されまくってただひたすら偏差値のためだけに勉強をする、のはなんか違うと思うのです。

人生をよりよく=社会に出てから活躍していくのであれば、言われたことをただする、言われないと行動できない、という姿勢が染み付いてしまうことは逆効果です。
勉強は質問すれば答えを返してくれる人がいますが、社会はそうじゃない。

 

目標を達成するためには自分をどう変えていけばいいだろうか、とか、何がまだ足りないのだろう、とか「コタエのないこと」を考え続ける習慣をつけることが絶対条件になります。

 

そしてもう1つは、考えたこと・目標達成に必要だと自分が思ったことをやり抜ける力。

成績を伸ばすことの延長上に合格などの目標達成はありますが、それって結局は
「達成できる自分自身になる」ってことだと思っています。

そんなやり方自分には合わないとか、そんなん無理やとか言わずにまっすぐに努力できる姿勢。

不平・不満・愚痴を言うのではなく、目の前のことに一生懸命になれる自分。

めんどくさいな、今日はいいやとか、他に予定があるから・・と理由をつけてやらない自分自身に打ち勝ち、すべきことを完遂できることなど。

 

そういった自分自身になれば、どんなことにチャレンジしてもうまくいく人になります。
R-dimでは勉強を”通じて”そういう人になるお手伝いをしています。

そういった人になっていってくれるからこそ、第一志望合格といった目標達成率が高い、それだけなんです。

あの参考書を使えば伸びる、とかじゃないです。(もちろん道具を間違うと成果は出ないので参考書選択もすごく大事ですが)

自分が目の前のことにどんな気持ちで、どんな姿勢で、どれだけの深さで取り組んでいるか、結果はそれがつくるということを教えています。

偉そうな語り草になってしまいましたが、僕自身はまさに

「言われたことすらしない」人でした。

それなのに成果は欲しがる。なんで結果が出ないんや!と落ち込んだりイラだったり、親や先生に文句言ったり反抗したり偉そうにしたり・・ホントに恥ずかしい人でした(笑)

いまももちろん完璧人間なんかじゃなく、できていないことだらけです。
だから僕自身も進化中です。昨日までできなかったことが、今日はできるようになった。明日は何にチャレンジしよう、自分のこんなところを変えてみよう。

こんな日々を繰り返しながら、毎日”ちょっとマシな自分”になっていっています。

 

真面目に一生懸命取り組める人・今まではできなかったけどこれから真面目に取り組もうと決意した人が成果という形で報われてほしいです。

どうして”大学受験”でそれを支援するかと言えば、生まれつきの才能や体の大きさも関係なく、強豪校に行かないとチャンスがもらえない、などの要素がなく、高校生のみなさんにとっておそらくは一番『フェア』なフィールドだからです。

正しく頑張った人が、正当な成果を手にする。その当たり前が実現されてほしいから大学受験を支援しています。

それは逆に、成果が出ていないのなら学校が悪いわけでも先生が悪いわけでも、塾や予備校が悪いわけでもなく、自分自身の中に原因があると考えてほしいからです。

 

何が必要かを考え、自分のどこを変えればよいかを考え、考えたことをやり抜く。
周りの人にも感謝でき、周りの人のためにも努力できる心を身につけてほしい。

そういう、これからの社会で絶対に必要とされる人をたくさんR-dimから出したい。

ただ偏差値のためだけに苦しくイヤなガマンをして勉強するのではなく、そんな努力を楽しめるようになってほしい。そんな想いでR-dimで日々生徒さんに接しています。

いまの成績じゃとても・・・とかまったく気にしなくていいです。
本当に真面目に努力しよう、という気持ちさえあれば大丈夫です。
あとは安心して任せてください。

いまのままじゃアカンな、どうにか変えたいって思っている人はぜひ!

 

〜メッセージ〜

大学生の時に塾講師のアルバイトを経験したのち私立高校の教員として働き5年、教育の世界に身を置いて7年が経ちます。

今まで見てきた多くの生徒さんに感じることは、「自分はどうなりたいのか」がはっきりと無いということです。
また、共通点として「お母さんに言われたから」「先生に言われたから」と主語が自分では無いことが多いように感じます。

目的が無く、言われるがままなんとなくやる勉強は成果が出ません。
やがてそれは不安や自信のなさに繋がります。

 

高校生のときの私はまさにそうでした。

「今日は宿題終わったしもういいや」
「先生の説明が下手で分かりにくいし」

と何かのせいにしては【やらなくてよい理由】を探していました。

その結果、成績は下から数えた方が早く、「わたしって頭悪かったんだ…」とどんどん自信も失っていきました。

今となっても当時の自分を後悔しています。
だからこそ学校でもアールディムでも、私が関わる生徒さんには私のようになってほしくないです。

 

そんな私でしたが14歳の頃から夢だけはありました。それは「学校の先生になること」でした。

[先生になるためには何が必要なのか]
[先生になるにはどんな大学が良さそうなのか]

など一生懸命調べました。その結果、第一志望に進学し現在教壇に立っています。

 

大学受験はなりたい自分への通過点です。

目標を達成するためには何が足りないのか、何を変えるべきか。そもそもこうなる原因は?と自分の中にある答えにたどり着き、実行する。
これを素直に、強い気持ちで繰り返すことが成功への近道です。

また、「周りから応援される人柄」も大切です。
ハキハキとした返事や挨拶、感謝の心を体現する、期限や時間を守る、この3つを兼ね備え、目標と真っ直ぐに向き合えるようにお手伝いします。

 

「自分なんてダメだ」なんて思わないでください。絶対にそんなことはありません。
どんな人にも必ずある長所や強みを私が引き出します。

”自分の人生の選択は自分が主語であってほしい”
そんな願いをこめて日々生徒のみなさんと関わっています。

 

「どうしても今の自分を変えたい」「本気で達成したい目標がある」
その気持ちがすでにあなたの長所です!

本気で勉強してみたいけど今のままではダメだと思っている人は、ぜひ私たちと頑張りましょう!

 

次世代教育道場アールディム 大学受験専門個別指導 大阪・箕面市
タイトルとURLをコピーしました